導入実績

  • TOP
  • 導入実績

実績あるテクノロジーが「Visual WAO」として、より使いやすくなり、開発ツールは無料に!

チェプロの通信I/Fモジュール WAOテクノロジーは2008年に発表され、契約ライセンス数が4,000、ユーザー数が10,000に達します。2014年、「Visual WAO」として新製品化され、より使いやすくなり、また開発ツールは無料になりました。

Visual WAOは2014年9月29日発売開始の新製品ですが、その要素技術には確かな実績があります。
無料の開発ツールで、新しいWebシステムの開発を試してみてください。

 

 

事例紹介1:大手製造業A社様 | 事例紹介2:ソフトウェア開発B社様 | 事例紹介3:販売卸売業C社様

事例紹介1:大手製造業A社様

業種 製造業(総合エレクトロニクス)
売上高 1兆円以上
従業員数 10,000名以上
ライセンス数 同時アクセスライセンス10クライアント 6本
物理サーバーライセンス1CPU 1本

A社様が抱えていた課題

大手製造業A社は、製造ラインの歩留、不良項目等をモニター、分析する品質管理システムを国内数カ所の生産拠点に導入していた。今後、本システムの導入を海外も含め拡大し、品質管理の統一と本部で生産拠点の品質情報をリアルタイムに把握しスピーディな品質改善活動を行うことを決定した。既存システムはVB6言語で開発されたC/Sシステムであったため、当初、JavaによるWebシステム移行を行い、各拠点でのサーバー管理を必要としないサーバー管理の一元化とクライナント管理の撤廃を検討していた。

しかし、既存C/Sシステムを全てJavaで作り替えるとなると、開発期間が長くなり、多額のコストを生じてしまうという課題が発生。さらに、VB6で開発した既存C/Sシステムでは、グラフ表示部分が多く、それらはJavaによりWebシステムに再開発する場合、実現が困難であるため、従来の表現はあきらめ、ユーザーにとっての利便性を妥協せざるを得ないという課題にも直面した。

またに、一部拠点では従来のC/Sシステムで利用する必要があり、C/S版とWeb版と2種類のシステムを管理しなければならないことも懸念されていた。これらの課題を解決するためにインターネット上で情報収集をしていたところ、チェプロのVisual WAOに出会った。

チェプロからのご提案

C/Sシステムを「Visual WAO」でWeb化。

海外拠点にも導入し全社レベルでリアルタイムでの品質の「見える化」を実現!

ポイント1 低コスト、短期間で自社でWeb化!

当初検討していたJavaによるWebシステム移行の外部委託開発は、多額の費用と長い開発期間が必要であった。

しかし、Visual WAOによるWeb化は既存資産をVB.NET化し、それを3層化してVisual WAO開発ツールで自動生成した通信I/Fモジュール(DLL)をクライナントとアプリケーションサーバーに配置するだけだったので内製ができ、開発期間の大幅な短縮と開発コストの大幅な削減ができた。

ポイント2 大きな課題であったユーザーインターフェースをそのまま継承!

既存資産で使用しているコンポーネント(グラフやグリット)を利用でき、かつ画面構成、インターフェース、操作、レスポンススピードが現行システムと同じ、が必須条件であった。Visual WAOはこれらをすべて満足したため導入時、再度ユーザーに向けての導入教育も不要でスムーズに導入移行ができた。

ポイント3 マルチプラットフォームによる運用負荷を最小限化!

同社の一部の拠点ではC/Sシステムでの使用があり、C/S版とWeb版の2種類のシステムの維持管理をしなければならない事も課題であった。

マルチプラットフォーム対応(同一プログラムでC/S、Webでの対応が可能)のVisual WAOアーキテクチャで、2種類のシステム管理が不要となっただけでなく、各拠点のサーバーを撤廃(一部拠点を除く)し、アプリケーションは全てアプリケーションサーバーで一元管理することで、クライアントへのアプリケーションの配布等のクライアント管理を失くし、運用負荷の最小限化を実現した。

導入後の成果

VB6の既存資産の流用により、開発期間の短縮化と開発コストを大幅に削減し、2ヶ月後に迫っていた4工場への導入が可能になった。グラフやグリットコンポーネントをそのまま流用出来たため、機能性はそのままで開発期間を削減できた。Visual WAOは、同一プログラムでLAN環境とWeb環境の両方に対応できるアーキテクチャで、クライアント側でのアプリケーション管理が不要なため運用負荷の大幅軽減を実現した。

事例紹介2:ソフトウェア開発B社様

業種 ソフトウェア開発
売上高 10億円以上
従業員数 11~50名以上
ライセンス数 同時アクセスライセンス10クライアント 1本
物理サーバーライセンス1CPU 1本

B社様が抱えていた課題

業務アプリケーションのデータベース情報をリアルタイムに共有し、経営のスピード化を図りたいというニーズが増していく中、システム形態が多様化してユーザーの使用環境も変化している。複雑化したシステム環境において、個々の環境に対応したシステムを開発するためには費用と時間がかかり、管理コストも増大してしまうことが懸念されていた。

また、新たな開発手法を取り入れた場合、習得までの時間、および人員リソースの確保が必要となり、直ぐに対応できない状況のまま時間だけが経過している状況であった。これらの課題を解決するためにインターネット上で情報収集をしていたところ、チェプロのVisual WAOに出会った。

チェプロからのご提案

既存のC/Sパッケージ資産を「Visual WAO」でWeb化。

他社と大きく差別化した新製品を短期間に開発、販売開始!

ポイント1 C/S同等の操作性・レスポンススピードの実現で大きく差別化!

従来のWebシステムでは実現が難しかったエンターキーを用いた連続入力、画面の分割・同期、ポップアップなど、エンドユーザーの操作性、使い勝手のよいWebシステムを従来の開発手法で実現できた。また、C/Sシステム同等のレスポンススピードを実現し、ユーザーストレスのないWebシステムが開発できた。

ポイント2 使用環境に応じたアプリケーションの開発が不要となり、システム開発費を大幅に削減!

Visual WAOアーキテクチャは、SaaS・ASP、Web、C/S、スタンドアローンのいずれの環境にも対応しており、一度開発したシステムは、使用環境に応じてアプリケーションを作り直す必要がないため、開発費の大幅な削減を実現した。

ポイント3 Webシステム開発のために新たな開発言語の習得が不要!

使い慣れたWindowsフォームが使えることから、操作性のよいWebシステムを高い生産性で開発できた。言語も使い慣れたVB.NETを用い新たな開発言語の習得などなく、開発負荷や開発コストの大幅軽減を実現した。

導入後の成果

Visual WAOにより、今まで培ってきたC/Sシステムのノウハウを活用し、操作性の優れたWebシステムを高い生産性で開発できた。また、複雑な計算処理と連続入力を必要とするWebシステムの受託開発にも活用し、短期間に自社の顧客に提供することができ、システム自体の使い勝手、快適さに対して顧客より高い評価を得た。

事例紹介3:販売卸売業C社様

業種 販売卸売業
売上高 500億円以上
従業員数 200名以上
ライセンス数 物理サーバーライセンス1CPU 2本

C社様が抱えていた課題

経営環境が激しく変化する中、C/S型の基幹システムが陳腐化しWebシステムへ刷新したいが、今までの慣れた使い勝手の維持と業務処理時間の向上が図れるかという不安があった。また、新しい業務も構築したいが、良いパッケージシステムが見つからないことや、既存システムに一体化させて運用して行きたいが、既存システムに手を加えていくとWebシステム化がさらに複雑化することも懸念していた。一方、現状C/Sシステムはターミナルサービス系ミドルウェア上で運用しており、年々ランニングコストが増加していく傾向も不安に感じていた。

使い勝手を変えずに業務処理時間の向上を図り、ランニングコストの課題も解決するために、インターネット上で情報収集をしていたところ、チェプロのVisual WAOに出会った。

 チェプロからのご提案

既存のC/Sシステム資産を「Visual WAO」でWeb化。

業務処理の向上の為、新たな機能要件を追加開発。

ターミナルサービス系ミドルウェアソフトの撤廃とランニングコストの削減。

サーバー台数の削減による、データセンターコストの削減。

 ポイント1 業務処理に沿った使い勝手と処理を実現し、新たな機能で事業計画の施策の早期実現!

Web化の懸念事項であった限られた時間内での連続伝票入力や締め処理を従来通りに行え、さらに、今まで上がっていた改善事項を実現し、ユーザーのストレスのないWebシステムが開発できた。また、商品の新たなトレーサビリティ機能を開発し、事業計画の施策を早期に実現した。

 ポイント2 ターミナルサービス系のミドルウェアが不要となり、ランニングコストを削減!

ターミナルサービス系ミドルウェアが不要となり、その環境を維持する為の古いサーバーも撤去。新しいサーバーは社内管理せず全てデータセンターに設置し、目標年間ランニングコストを達成。

導入後の成果

Visual WAOを使用して既存システムをWebシステム化へ刷新し、従来システムの機能改訂と新機能追加した新しいWebシステムとして業務処理能力向上が図れた。また社内管理していたサーバーをデータセンターに設置し運用及びソフトウェアのランニングコストも削減できた。

  • 東京 03-6273-1838

    大阪 06-6233-1881


    受付時間10:00-19:00(土日祝除く)

  • 体験キットのダウンロード
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

お試しください

Visual WAOの開発ツールは無料提供しております。チュートリアルに沿ってお気軽にお試しください。

チェプロの受賞実績

その他実績多数