課題別アプローチ事例

課題から探す

操作性のよいWebシステムを実現できないか?

よくある声

  • 社内でWebシステムの導入を検討中だが、希望するC/Sシステムのような操作性を実現するためには、高額な開発費用がかかってしまう。
  • 最近、他部門でWebシステムを導入したが、「使い勝手が悪い」「レスポンスが遅い」と社員から不満の声があがっているようだ。自部門への導入時には、このようなことはなるべく避けたい。

課題解決のポイント

Webは当初、テキストの表現に用いられることを意図した技術でしたが、後にボタンや入力用テキストボックスなどのGUI部品が扱えるようになり、さらにブラウザでアプリケーションを実行することが可能になりました。これがWebシステムです。このためWebシステムのUIは、HTMLの制約(UIがHTMLコンポーネントに制限される)を受けてしまいます。近年、このUIの改善が進んできましたが、まだC/SシステムのようなUIを簡単に実現することは難しく、工夫が必要です。もしC/Sシステムの開発で長年用いられてきたWindowsフォームをWebシステム開発で使うことができれば、C/Sシステムと同じ操作性を得ることができます。

Webシステムの使い勝手やレスポンスが悪いもう1つの原因にブラウザがあげられます。ブラウザを使ったWebシステムは、画像データなども含めて1画面分のデータをまるごとやり取りするため、通信量が多くレスポンスにも時間がかかってしまいます。これを解消するには、クライアント、サーバー間のデータ通信量の大幅な削減が必要になります。

チェプロからのご提案

Visual WAOによるWebシステム開発は、C/Sシステムと同じWindowsフォームを利用します。Windowsフォームでアプリケーションを開発し、独自にI/Fモジュールをクライアンとアプリケーションサーバーに配置することで、WindowsフォームアプリケーションをWeb化するのです。Visual WAOは、Windowsフォームを使うことでオブジェクトのプロパティ設定による簡易な開発により、操作性に優れたWebシステム開発の極めて高い生産性を実現します。

Visual WAOの詳しい仕組みはこちら

メリット

Windowsフォームを使ったWebシステム開発の実現により、C/Sと全く同じ操作性のWebシステムを高い生産性で開発できます。

クライアントとアプリケーションサーバー間の情報交換に、ブラウザではなく独自の通信I/Fモジュール(Visual WAO DLL)を使うことで、特別な工夫をしなくとも画面の1項目単位の情報交換が可能になります。データ量を大幅に削減し、レスポンスの速い、快適なWebシステムを提供します。

Visual WAOの特長はこちら

  • 東京 03-6273-1838

    大阪 06-6233-1881


    受付時間10:00-19:00(土日祝除く)

  • 体験キットのダウンロード
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

お試しください

Visual WAOの開発ツールは無料提供しております。チュートリアルに沿ってお気軽にお試しください。

チェプロの受賞実績

その他実績多数